元ブラック企業社員が語る ブラック企業ってどんな所 パート1

仕事

こんにちは!

たまには日本酒から離れて、今日は自分のこれまでについてちょっとお話できればと思います。

今、30歳で大学に一浪して入っているので、社会人歴は7年目になります。

その中で約3年半はA社で働き、その後転職してB社で約3年半働いています。

最初に就職した、A社が実はちょいとブラック気味の会社でして・・・

今日は3年半、ブラック企業で働いた私がブラック企業ってどんな会社なのか、
実体験を交えてお話したいと思います。

ブラック企業とは?

まず、世間一般的に「ブラック企業」と呼ばれる会社の条件について見てみましょう。

長時間労働・過重労働
休日が少ない・有給が取れない
給料が低い・最低賃金を下回っている
残業代が出ない
謎の雇用契約
従業員の入れ替わりが激しく離職率が高い
募集要項にやる気や情熱の言葉が多い
上司や社長は絶対のトップダウン
パワハラやセクハラの横行
精神論がよく出てくる

※こちらのサイトより特徴を抜粋させていただきました。

なるほど!確かに、すべてブラック企業の特徴ですね!

では、私の会社にはどれが当てはまっているのか見てみましょう。

◎:とてもよく当てはまる
○:当てはまる
△:あまり当てはまらない
✕:当てはまらない

△長時間労働・過重労働
△休日が少ない・有給が取れない
✕給料が低い・最低賃金を下回っている
○残業代が出ない
✕謎の雇用契約
◎従業員の入れ替わりが激しく離職率が高い
○募集要項にやる気や情熱の言葉が多い
◎上司や社長は絶対のトップダウン
◎パワハラやセクハラの横行
◎精神論がよく出てくる

おいおい!バツあるやんけ!
しかも給料も低くないんなら全然ブラックじゃないやん!!

確かに、給料は高かったです。今の方が給料、だいたい100万くらい落ちてます。笑

ただ、その分「◎」の部分が驚くほどきつかったです。

とくに精神論とパワハラ。この2つは凄すぎました。

うつ病で会社に来なくなる人や急に連絡が取れなくなって休む人はザラにいて、
しかも、私のOJTの先輩は自殺してしまいました・・・。

会社からはプライベートが大変だったから。だと言われましたが、
確実に仕事が理由というのもあったと思います。

そんな私の前の職場でどのようにきつかったのか、
具体的なお話をしたいと思います。

どんなお仕事をしていたの?

まず、どんな仕事だったのか?

具体的なお話が避けようと思いますが、お店で使用する機器のレンタル・販売を行っていました。
主な営業先は居酒屋やスナック、キャバクラなどの飲食店です。
(これでわかっちゃう人もいますかね?)

そのため、普段は近寄ることのない人たちとのお仕事もしておりました。

何かミスをするともう大変です。。

お兄ちゃんのせいで、うちの営業に支障が出たんだけど。
だから、今月は毎月の使用料払わないから。


使用料払わないからって何?ってなりますよね。
実は、この機器の使用料は一部、手集金で行っているんです。

なので、こんな事はよくあります。笑
ちなみにこういう時は誠心誠意対応して、ミスしてしまった日以外にも
気にかけて毎日訪問すると大抵は払ってくれるようになります。

きついこと 「お客さんとのトラブル処理」

「お客さんとのトラブル処理」は時間も取られますし、
どうしようもない場合は、自分でお金を払っていました。

上でも少し触れていましたが、「お客さんとのトラブル処理」これは大変でした。

上に書いた例で処理できるのは本当に可愛い方です。
これきっかけで仲良く慣れたりするので、むしろ良い方です。笑

本当に大変なのは手集金をする場合に、お金を払ってくれない時いなくなってしまう時です。

どちらのパターンであっても払ってもらえなくなります。
貧乏で本当にお金が無いことからです。

会える場合は、まだ説得の余地があるので良いですが、会えない場合は大変です。
この場合は「保証人」の所へ回収に行くのですが、
保証人がそのお店のお客さんってケースが結構あります。

なぜ、お客さんが保証人になるのか?
お店のお姉ちゃんに気に入られたいからです。笑
お店のオーナーからしてもめちゃめちゃ都合良いですからね。
オーナー(ママさん)のことが好きなお客さんってパターンも多かったですね。

こういう場合、保証人はこう言います

名前書いてって言われたから書いただけで、保証人なんてしらないよ!

酔っ払った勢いで書いてたりするので、意外とよくあります。
こうなるともう手詰まりです。
裁判起こせば勝てますが、裁判費用がかかるので絶対に会社は裁判なんて起こしてくれません。

上司に相談しても、「自分でなんとかしろ。 保証人追いかけるしかないだろ。」
と言って突き放されます。

そうすると、どうするのか?
自分で支払ってしまうようになります。(「手出し」)と呼んでました。)

会社からの未収金に対する圧力も凄まじいので、
未収金に対する圧力>>自身の金銭的ダメージ
こういう頭が働いてしまうのです。

ちなみに、この未収に対する手出しがバレると会社から制裁を加えられます。
当時は1回やるとボーナスカット。 2回やると退職でした。

これほどのリスクがあるのに、手出しをしたことがない人、多分いなかったと思います。

続きはまたのちの機会に話したいと思います。

書き始めたときには、1つのブログで収めようと思っていたのですが、
まぁまぁな文章量になりそうでした。笑
(3年前の記憶が鮮明に呼び起こされた結果、書きたい欲がすごくて。笑)

なので、続きはまた近日中にアップしたいと思います。
お楽しみに!

【今日の雑談】
今日のような晴れてる日に限って、洗濯物って溜まってない・・・。
悲しい。。。

投稿者プロフィール

がく
はじめまして。
日本酒大好き 隠れメタボが悩みの「がく」です。
日本酒の事多めで色々な事を発信していこうと思っています。
よろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました